年代によってできるシミも原因も異なる!|正しいシミ対策をしよう

笑顔のレディー

不機嫌な顔にも見られる

顔を触る中年女性

老け顔に見られる原因の代表とも言えるのが、頬のたるみです。たるみが発生すると、ほうれい線が目立つうえに口角が下がって見えるので、老けて見えるだけでなく不機嫌そうな顔に見られてしまうこともあります。頬のたるみは加齢だけが原因だと捉えられがちですが、原因はほかにもいくつかあります。例えば紫外線や肌の乾燥、表情筋など顔の筋肉の衰えなどは主な原因と言えます。さらに意外なところでは、姿勢の悪さもたるみの原因になると言われています。現代の日本ではパソコンやスマートフォンが広く普及しており、その操作をする際には猫背になりがちです。猫背になることで、頬に対して下に向かった力が加わり続けるために頬のたるみを加速させるというわけです。そのため、最近では若い年代の層でもたるみに悩む人が増加しているのです。たるんでしまった頬を引き上げるためには顔の筋肉を鍛えるためのエクササイズを行うのが有効と言われていますが、即効性を求めるのであればリフトアップがおすすめです。リフトアップの施術は、美容外科や美容皮膚科で受けることができます。施術方法はいくつか種類があり、メスを使って切る方法から糸で引っ張り上げる方法まで様々です。顔にメスや糸を入れるのは怖いという方でも、高周波やレーザーを当てる施術やヒアルロン酸の注射による施術などもありますので安心です。たるみの程度によっては効果が期待できない施術方法などもありますので、医師とじっくりカウンセリングを行うことが大切になります。頬のたるみを解消して、明るく若々しい顔を手に入れましょう。